どろあわわ 角栓だらけ

どろあわわが角栓だらけの鼻に働く3つの理由

 

角栓だらけの目立つ鼻を改善するために、ゴシゴシと洗顔をしていませんか。洗顔をすれば汚れが落ちそうですが、毛穴にたまった角栓は洗顔では落としにくいのです。

 

しかし、どろあわわなら角栓だらけの鼻にもアプローチします。その秘密は3つです。

 

1つ目の秘密は2つの泥の力です。

 

どろあわわは沖縄産マリンシルトと国産ベントナイトを配合しています。沖縄産マリンシルトは、沖縄の限定された地域で採れる美容泥です。マイナスイオンを帯びていることが特徴です。

 

国産ベントナイトは数億年前に海底に沈んだ火山灰が風化することでできたものです。毛穴の汚れを吸着する力があります。

 

毛穴は非常に小さいので一般的な洗顔料の泡は入り込むことができず、毛穴の中の汚れは落ちません。しかし、マイナスを帯びている泥はプラスに帯電している汚れをスポイトのように吸着します。鼻の角栓もスッキリです。

 

2つめの秘密は洗顔後もしっとりなめらかなことです。

 

洗浄力が強い洗顔料を使用すると、洗顔後に肌がつっぱりませんか。潤い不足になると、失った潤いを補うために皮脂分泌が活発になり、角栓だらけのいちご鼻をつくる原因になります。

 

どろあわわには、豆乳発酵液が使用されています。大豆に含まれるイソフラボンには、肌をしっとりへと導く働きがあります。豆乳を乳酸菌で発酵させて、浸透力を高めています。
さらに、保湿成分のコラーゲン、ヒアルロン酸、黒砂糖エキスも加えています。保湿成分がしっとり肌へと導きます。

 

3つめは肌を守りながら洗えることです。

 

角栓を取ろうとすると、つい洗顔に力が加わってしまいませんか。ゴシゴシこすると肌のバリア機能が低下して、肌を守るために角質が厚くなります。たまった角質は毛穴をつまらせて角栓の原因になります。

 

どろあわわは、もっちり弾力のある泡ができることが特徴です。スカスカした泡では洗顔時にこすってしまいますが、どろあわわのもっちりした泡なら、泡がクッションとなって、摩擦を防ぎながら洗えます。摩擦を防ぐことで健康な肌に近づきます。

 

角栓だらけの鼻を治すには、こういったメカニズムに基づいた肌ケアをしていくことが大切です。

page top