どろあわわ 角栓

どろあわわで角栓が取れる理由

 

小鼻の角栓はどんなに顔を洗っても次から次へと出てくるため、黒ずみが気になって、相手に顔が見えないように気にし過ぎて猫背になってしまう女性も少なくありません。

 

毛穴の奥に入り込んだ角栓は、ドラッグストアなどで市販されている毛穴除去のピンセットなどで簡単に取り除くことはできますが、これはあくまで一時的なもの。しかも黒ずみを除去したからといって、根本的な治療法ではないため、しばらくすればまた角栓は現れます。

 

永久的に鼻の角栓を治すためにも、正しい方法で角栓除去を行うことが大切です。

 

角栓には白色と黒色のものがありますが、出来立てホヤホヤな角栓は白色です。その後毛穴の中で放置されているとどんどん酸化していって、黒っぽくなってしまうのです。

 

古い角質層や汗などからくる汚れ、これらが混合されることで、見た目の汚い角質になってしまうわけですが、古い角質層や毛穴の中に残っている汚れを除去することはそれほど難しいことではありません。

 

鼻の黒ずみが出来やすい人は、脂っこいものを食べがちな人や、紫外線対策を怠っている人、普段から肌の保湿を怠っている人に多く出来がちで、古い角質層を新しい角質層へと生まれ変わらせるターンオーバーを促進するためには、ご自身で角栓が出来にくくする肌ケアをする必要があります。

 

角栓を押し出すピンセットや、毛穴パックなどはまったくいりません。
むしろこういった角栓ケア商品は、肌への負担が大きいため、美容のプロはまずオススメしません。

 

多くの女性に大人気のどろあわわは、大豆に含まれるイソフラボンの肌のキメを整える保湿効果によって、お肌を生まれ変わらせることができます。

 

へたれない濃厚な泡によって、泥が持つ汚れを吸着する働きを十分に生かし、肌年齢の原因ともいわれている肌のホルモンバランスを整えることで、角栓だらけのいちご鼻をすっきりさせることができるのです。

page top